両親を扶養家族に入れる要件

Q.実家で暮らしている両親を扶養家族にしたいのですが、可能でしょうか。両親は年金しか収入はなく二人とも所得は38万円以下です。

A.ご両親ともに扶養家族の要件に該当すれば、扶養控除の対象にすることができます。

所得税法上の扶養家族とは、その年の12月31日現在において以下の4つの要件すべてに該当する人です。
(1)配偶者以外の親族などであること(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること

(2)納税者と生計を一にしていること

(3)年間の合計所得金額が38万円以下であること

(4)青色申告者の事業専従者として給与支払いを受けていないこと

ここでいう「生計を一にする」とは、必ずしも同居を意味するものではなく、仮に別居していても、生活費を送金していれば、扶養家族になることになります。

年末調整の際に扶養控除等申告書に別居しているご両親の名前を記載した場合には、銀行振込や現金書留により送金している事実を振込票や書留の写しなどの提示を求められる場合があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>