外れ馬券、経費と認定!(大阪地裁)

 競馬の払戻金を一切申告せず、約5億7千万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた元会社員の判決公判で、大阪地裁は5月23日、外れ馬券も含めたすべての馬券代を経費と認めた。

 元会社員は独自の競馬予想システムで、百万円を元手にインターネットで馬券の購入を始め、土日に開催される全国の中央競馬のほぼ全レースに賭け続けた。2007年から09年までの3年間に、約30億1千万円の払い戻しを受ける一方、約28億7千万円を馬券代に投入し、利益は約1億4千万円だった。

争点についてはこちらも。

 検察側の基準では、男の所得額は払戻金から勝ち馬券分の約1億3千万円を引いた約28億8千万円。一時所得となるため、半額が課税対象となり、税額が利益を大きく上回ることになった。これに対し弁護側は外れ馬券も経費に含まれるなどと反論、無罪を訴えていた。

この判決はハズレ馬券も営利を目的とした継続的行為として認めたということでしょう。大きな判決です。

 

なお、判決では元会社員に懲役2月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>