逆養老保険について

養老保険は、被保険者が死亡した場合には、死亡保険金が支払われ、保険期間の満期を迎え、被保険者が生存していた場合にも満期保険金が支払われるものです。

通常、法人で加入する場合、

①満期保険金・死亡保険金とも受取人が法人(全額資産計上)

②満期保険・死亡保険金とも受取人が被保険者またはその遺族(全額給与)

③死亡保険金の受取人が被保険者の遺族で、満期保険金の受取人が法人(半分が資産計上、もう半分が福利厚生費)

の3つのケースが想定されます。

しかし、最近③のケースにおける受取人を逆に設定することによって、全額を損金にできるという解釈がでています。

つまり、死亡保険に対応する保険料2分の1を全額損金に、積み立て部分については、役員・従業員に対する給与として損金の額に計上されるというものです。

現状、税務上の通達が出ていないため、グレーな取り扱いとなっています。

活用する際には、リスクを十分に認識して使うようにしましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>