FXの確定申告

FXによって利益を得た場合、年間所得(儲け)が20万円以上となった場合、確定申告を行なって税金を納める必要がでてきます。しかし、株式もそうですが、なかなかうまくいかず損がでることも。

しかし、そんなときでも確定申告をしておくと翌年以降に儲けが出た場合に赤字と相殺することができるのです。

差金決済による差損が生じた場合 、他のデリバティブ取引などの「先物取引に係る雑所得等」の金額との損益通算は可能ですが、「先物取引に係る雑所得等」以外の所得の金額との損益通算はできません。

しかし、他の「先物取引に係る雑所得等」と損益通算をしてもなお引ききれない損失の金額は、申告などを要件に、翌年以後3年内の各年分の「先物取引に係る雑所得等」の金額から控除することができます。

つまり継続してFX取引を行っている場合は、利益が20万円以下程度しかでていない場合を除いて、大きく黒字が出た場合と赤字が出た場合は確定申告をするべきなのです。

株式の特定口座のように源泉徴収されている税金はありませんので、すぐに税金が還付されるということはないのですが、じわりじわりと申告した効果がでるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>