副業はどうしてばれる?

本業の給与が少なくて副業を考えているサラリーマンの方。

税金で副業がばれるので躊躇している方は少なからずいるのでは。どうして副業はばれてしまうのか。逆にそれさえわかれば対策はできます。

どうしてばれるの?

サラリーマンの方の場合、通常、給与から住民税が天引きされます。この制度を特別徴収制度といい、所得税が毎月の給与から引かれるのと一緒です。

住民税は、サラリーマンの居住地の役所から会社に住民税は「これだけかかりますよ」という通知が行きます。それに従って会社は毎月の給与から住民税を天引きし、会社がサラリーマンに代わって住民税を納めるシステムになっています。

毎年6月に給与明細とともに横長の紙をもらいますが、この紙が「平成○○年度分住民税の特別徴収税額の決定通知書」と言うものです。 (下記参照)

この通知書には、通常会社からの給与しか載っていないはずなのですが、副業をしていた場合、その所得も記載されていますので、この通知書を見られると会社に副業がばれてしまいます。

 

逆にいえば、住民税の決定通知書に副業の所得が記載されていなければ会社はわからないのです。

副業をしている場合、所得が20万円以上になるものについては、確定申告をしなければいけませんが、この確定申告書の第2表に「住民税に関する事項」という項目があります。

この項目に給与所得以外の所得について住民税を「給与から差引き」にするか「自分で納付」するかを選択できる項目があります。ここで「自分で納付」を選択すれば、給与所得だけが特別徴収になり、給与以外の所得が自分で納付することになります。 これにより、住民税で、副業が本業にばれることを回避できます。

ただし、この方法は、副業が「給与」であった場合は回避できません。

給与の場合は、居住地の役所の住民税を管轄している部署に直接行き、副業の給与だけを普通徴収にしてもらうよう頼み込むしかありません。ただし、本来は特別徴収が原則ですので、対応してくれるかどうかは確実ではありません。

なお、会社で住民税を給与から天引きではなく自分で納付する形に最初からなっているところは副業がばれることはありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>