医療費控除

医療費控除は自分+生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合には、一定の金額の所得控除を受ける制度です。

控除を受けられる金額はその年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費で、以下の算式により計算した金額になります。(最高で200万円)

  (実際に支払った医療費の合計額-保険金などの補てんされる金額)-10万円(注)

ここでいう保険金などで補てんされる金額は生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金などを言います。

(注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額

医療費控除は確定申告でしか受けられません。医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を税務署提出してください。  その際に医療費の領収書は確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。

子どもが遠距離で一人暮らしをしていても仕送りをしているなど、生計を一にしていればその子どもにかかった医療費も控除の対象になります。

また、共働きなどの場合は、所得が多い人で医療費を合算して申告すると、医療費控除のメリットが大きくなります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>