厚生年金の被扶養者の要件

配偶者が働いていた場合に、年収130万円以上(60歳以上または障害者の場合は180万円以上)になると夫(または妻)が加入している厚生年金の被扶養者から外れることになります。

そこで、年間130万円未満になるように調整をしたりするわけなのですが、どのタイミングで被扶養者になることができるのでしょうか。

これは1年間で判断するのではなく、将来的な収入が月額108,334円に満たない見込みになった場合に手続きが可能になります。

なお、雇用保険の失業給付金をもらっている場合、収入とみなされますので、日額3,612円以上の場合、被扶養者になることはできなくなるのでご注意ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>