土地の評価方法その1

相続や贈与などにより取得した土地を評価する方法についてみていきます。

土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。  土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

イ 路線価方式  

路線価方式は、路線価が定められている地域の評価方法です。路線価とは、道路に接する標準的な宅地の1平方メートル当たりの価額のことで、千円単位で表示しています。  路線価方式における土地の価額は、路線価をその土地の形状等に応じた奥行価格補正率などの各種補正率で補正した後に、その土地の面積を乗じて計算します。

 

ロ 倍率方式
倍率方式は、路線価が定められていない地域の評価方法です。倍率方式における土地の価額は、その土地の固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて計算します。

なお、路線価図及び評価倍率表は、国税庁ホームページで閲覧できます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>