平成25年度税制改正(住宅ローン控除)

先月末に税制改正の大綱が発表されました。

気になる改正点を順を追って見ていきたいと思います。

まずは住宅ローン控除です。

現行税制では25年12月31日までの適用でしたが、延長される見込みです。

景気回復のために住宅取得を活性化させるため、住宅ローン控除はよくつかわれます。

今回は、平成29年12月末まで延長がされているのですが、大綱では以下のようになっています。

・平成26年1月~3月に居住した場合

借入限度額2000万円、各年の控除限度額20万円、最大控除額200万円

・平成26年4月~同29年12月に居住した場合

借入限度額4000万円、各年の控除限度額40万円、最大控除額400万円

(ただし、住宅の対価等に含まれる消費税等の税率が8%または10%の場合。

それ以外は、借入限度額2000万円)

となっています。消費税があがることがもう既成事実化していますね。。。

これを見る限り、控除期間は10年間です。

消費税の問題はあるとして、控除限度額の平成26年4月を境にした差はかなり大きいので、これから住宅を購入しようとしている方は、いつお住まいになるかをよく考えてから購入しましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>