取引相場のない株式の評価(相続税・贈与税)

上場株式の場合、常に相場が動いておりますので、調べることが可能ですが、非上場の株式については、株価を算定しなければなりません。

今回は一般的な相続税評価額について確認します。

株価の評価にあたって、まずは株式を発行した会社の経営支配力を持っている同族株主か、それ以外の株主等かの区分をします。そのいずれかによって、それぞれ原則的評価方式又は特例的な評価方式の配当還元方式により評価します。

 

1 原則的評価方式

原則的評価方式は、評価する株式を発行した会社を従業員数、総資産価額及び売上高により大会社中会社又は小会社のいずれかに区分して、原則として次のような方法で評価をすることになっています。

(1) 大会社

大会社は、原則として、類似業種比準方式により評価します。類似業種比準方式は、類似業種の株価を基に、評価する会社の一株当たりの配当金額、利益金額及び簿価純資産価額の三つで比準して評価する方法です。  なお、類似業種の業種目及び業種目別株価などは、国税庁ホームページで閲覧できます。

(2) 小会社

小会社は、原則として、純資産価額方式によって評価します。純資産価額方式は、会社の総資産や負債を原則として相続税の評価に洗い替えて、その評価した総資産の価額から負債や評価差額に対する法人税額等相当額を差し引いた残りの金額により評価する方法です。

(3) 中会社

中会社は、大会社と小会社の評価方法を併用して評価します。

 

2 特例的な評価方式

取引相場のない株式は、原則として、以上のような方式により評価しますが、同族株主以外の株主等が取得した株式については、その株式の発行会社の規模にかかわらず原則的評価方式に代えて特例的な評価方式の配当還元方式で評価します。配当還元方式は、その株式を所有することによって受け取る一年間の配当金額を、一定の利率(10%)で還元して元本である株式の価額を評価する方法です。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>