消費税率引上げに伴う経過措置 5%から8%へ

平成26年4月から社会保障の安定化させる目的から、消費税が5%から8%に上がります。

現行消費税は 国税4%、地方税1%の合計5%。

これが26年4月から国税6.3%、地方税1.7%の合計8%となります。

しかし、円滑に税率を移行させるために経過措置が設けられました。

次に掲げるものは、8%への税率引き上げ後においても改正前の5%が適用されます。

①旅客運賃等

H26.4.1以後に行う旅客運送の対価や映画・演劇を催す場所、競馬場、競輪場、美術館、遊園地等への入場料金等のうち、H26.4.1前に領収しているもの。

⇒いわばH26.4.1以後に行う催し物の前売り券をH26.4.1前に売りさばいた場合は5%でOKということです。

 

②電気料金等

継続共有契約に基づき、H26.4.1前から継続して供給している電気、ガス、電話にかかる料金等で、H26.4.1からH26.4.30までの間に料金の支払いを受ける権利が確定知るもの

⇒3月~4月をまたいで計算がされるため4月分までの領収は大目に見て5%でいいですよ、ということ

 

③請負工事等

H8.10.1~H25.9.30までの間に締結した工事や製造にかかる請負契約に基づき、H26.4.1以後に課税資産の譲渡等を行う場合における、その課税資産の譲渡等

⇒H25.9.30までに契約したものについては、H26.4.1以降の譲渡については5%でOKということ

建築工事等を想定していますが、工事期間が相当かかることからH25.9.30で区切っていると思われます。

 

④資産の貸し付け

H8.10.1~H25.9.30までの間に締結した資産の貸付けに係る契約に基づき、H26.4.1前から同日以後引き続き貸付を行っている場合における、H26.4.1以後行うその資産の貸付け

⇒H25.9.30までに契約したものについては、支払い期間がH26.4.1以後まで続いたとしても期間満了まで5%で計算してもOKということ。

 

⑤指定役務の提供

H8.10.1~H25.9.30までの間に締結した役務の提供に係る契約でその契約の性質上役務の提供の時期をあらかじめ定めることができないもので、その役務の提供に先だって対価の支払いの全部または一部が分割で支払われる契約(割賦販売法に規定する前払式特定取引に係る契約のうち、指定役務の提供(冠婚葬祭のための施設の提供その他の便宜の提供に係る役務の提供にかかるもの)に基づき、H26.4.1以後にその役務の提供を行う場合において、その契約の内容が一定の要件に該当する役務の提供

⇒結婚式などをH25.9.30までに契約を行ったが実際に式を行う日がH26.4.1以降になった場合は5%でOK

 

⑥予約販売に係る書籍等

H25.10.1前に締結した不特定多数の者に対する定期継続供給契約に基づき譲渡される書籍その他の物品に係る対価をH26.4.1前に領収している場合で、その譲渡がH26.4.1以後に行われるもの。

 

⑦特定新聞等

不特定多数の者に週、月その他の一定の期間を周期として定期的に発行される新聞又は雑誌で、発行者が指定する発売日がH26.4.1前であるもののうち、その譲渡がH26.4.1以後に行われるもの

⇒雑誌がH26.3.31に発刊され、それをH26.4.1以後に購入しても5%でOk

 

⑧通信販売

通信販売の方法により商品を販売する事業者が、H25.10.1前にその販売価格等の条件を提示し、又は提示する準備を完了した場合において、H26.4.1前に申し込みを受け、提示した条件に従ってH26.4.1以後に行われる商品の販売

 

⑨有料老人ホーム

H8.10.1~H25.9.30までの間に締結した有料老人ホームに係る終身入居契約(入居期間中の介護料金が入居一時金として支払われるなど一定の要件を満たすものに限る)に基づき、H26.4.1前から同日以後引き続き介護に係る役務の提供を行っている場合における、H26.4.1以後に行われるその入居一時金に対応する役務の提供

⇒H25.9.30以前に締結した契約であればH26.4.1以後に入居一時金として支払ったものは5%でOK

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>