ハズレ馬券は経費になる?

最近、ネット競馬など、馬券の大量購入が可能な時代になってきました。

どのような計算でもうけを出しているかは別として、競馬による所得がどのような扱いを受けるのか、また、ハズレ馬券が経費となるのかが争点に、裁判が行われました。

この裁判、世間もにぎわせていましたが、論点を整理してみたいと思います。

①競馬所得は一時所得?

一般的に競馬の当たり金は偶発的なものと考えられ、一時所得に該当します。

そのため、当たり金から引ける経費は当たり馬券にかかる購入金のみが控除できると理解されてきました。

一時所得の計算は、

【(収入-その収入を得るために要した支出)-50万円】×1/2

で計算されます。所得が1/2されることがとても大きいのですが、「その収入を得るために要した支出」がくせもので、これが今回の裁判では当たり馬券した控除できない理由にしています。

納税者側はインターネットを利用して継続的に馬券を購入していたということから、「営利を目的とした継続的行為」であり、雑所得にあたると主張しました。

雑所得の計算は、単純に

収入金額-必要経費

で計算されます。そこで問題になるのが「どこまで必要経費と認められるのか」、でした。

 

②ハズレ馬券は経費計上できるのか?

国税や不服審判所では、経費として計上できるのは、あくまで

的中した馬券の購入金のみという、一時所得における計算と同様の取り扱いであるという判断をしています。現状の判決でもこの考え方が採用されています。

しかし、「営利を目的とした」行為であるならば、たとえハズレ馬券であったとしても収入を得るために必要な経費であるととらえられなくもありません。

もし、競馬の当選金を売上目的とする法人があった場合には、ハズレ馬券の取り扱いはどうなるのでしょうか。それでもハズレ馬券は経費ではないといえるのでしょうか?

所得税の考え方そのものが問われるという意味でも注目の裁判です。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>