カテゴリー別アーカイブ: 相続税

土地の評価方法その1

相続や贈与などにより取得した土地を評価する方法についてみていきます。

土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。  土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

続きを読む

相続時精算課税制度

相続時精算課税制度は、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納め(2500万円まで非課税)、その贈与者が亡くなった時にその贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額とを合計した金額を基に計算した相続税額から、既に納めたその贈与税相当額を控除することにより贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はなくあらかじめ、子供や孫に財産をうつし、子供や孫名義で資産の運用をすることも可能です。

続きを読む

直系尊属(親・祖父母)から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間に、父母や祖父母から住宅取得等資金の贈与を受けた受贈者が、贈与を受けた年の翌年3月15日までにその住宅取得等資金を自己の居住の用に供する一定の家屋の新築や取得、又は一定の増改築等の対価に充てて、その家屋を同日までに自己の居住の用に供したとき又は同日後遅滞なく自己の居住の用に供することが確実であると見込まれるときには、住宅取得等資金のうち一定金額について贈与税が非課税となります.

続きを読む

土地の無償返還に関する届出

法人が借地権の設定等により他人に土地を使用させた場合で、その借地権の設定等に係る契約書において将来借地人等がその土地を無償で返還することが定められている場合に、これを届け出る手続のことをさします。
この届出を行っている場合には、土地の地代が相当の地代に満たない場合でも権利金の認定課税は行われないこととなります。

続きを読む