カテゴリー別アーカイブ: 法人税

貸倒損失否認と救済措置

Q.当社は取引先A社に対する貸付金債権100万円について「全額回収不能」と判断し、貸倒損失として費用計上し、損金の額に算入しました。しかし、税務調査において、A社の資産状態から債権の一部は回収可能であると指摘され、「貸倒損失否認100万円」として修正申告すべきとのことでした。何か対処方法はあるのでしょうか。

続きを読む

企業の福利厚生と損害保険(経理処理について)

Q.下記のような保険に入った場合、当社の損害保険料として経費計上できる金額はいくらになりますか。

<積立普通傷害保険>

契約者:当社(法人・決算期3月) 被保険者:全従業員

保険金受取人:被保険者またはその遺族

契約内容(被保険者1人当たりの金額):

保険料49万円(一時払)、積立特約保険料45万円、平準積立保険料44万円、補償保険料4万円

満期返戻金50万円、保険金額(死亡保障500万円、入院日額4000円、通院日額2000円)

契約期間:H24.10.1から10年間

続きを読む

法人住民税の還付

Q.中小企業者等に該当する法人です。前期まで業績がよく、法人税等の納税をしていましたが、当期は業績悪化により赤字となりそうです。法人税については前期の納税分の繰り戻しを受けられると聞いたのですが、住民税についても同様に還付されますか。

 

続きを読む

法人と個人のメリット・デメリット

よく質問を受けるものの一つとして、「個人がよいか?法人を作った方がよいか?」といったことがあります。

しかし、一概にどっちがいいという判断は難しいので、以下に判断材料としてメリット・デメリットを記載いたしました。

なお、飲食店や建築関係など許認可が必要なものについては省いておりますので、ご了承ください。

続きを読む