貸倒損失否認と救済措置

Q.当社は取引先A社に対する貸付金債権100万円について「全額回収不能」と判断し、貸倒損失として費用計上し、損金の額に算入しました。しかし、税務調査において、A社の資産状態から債権の一部は回収可能であると指摘され、「貸倒損失否認100万円」として修正申告すべきとのことでした。何か対処方法はあるのでしょうか。

続きを読む

サラリーマンとアパート収入

Q.私は、会社員ですが、会社から給与として年収で600万円をもらっている他、アパート収入もあり、不動産所得として申告をしています。青色申告の承認も受け、毎年10万円の青色申告特別控除も受けていますが、今回の計算では控除後の金額が15万円となりました。

サラリーマンは給与のほか20万円以下の所得があっても申告しなくてもよいと聞いていますが、私は今回は申告しなくてもよいのでしょうか。

続きを読む

配当と株式の譲渡損失の通算

Q.証券会社で特定口座(源泉徴収あり口座)を持っており、その口座を通じて株式の譲渡並びに配当を受け取っています。平成24年中の特定口座での取引結果は以下のようになりました。

配当所得50万円

譲渡損失 △20万円

通算後配当所得30万円(源泉税:国税2.1万円、住民税9千円)

これとは別に他の証券会社の一般口座でも株式の取引を行っており、こちらは譲渡益10万円が出ました。

確定申告をして、特定口座分も申告しようと思いますが、計算はどのようになりますか。

続きを読む

上場株式の譲渡損失の損益通算

Q.サラリーマンですが、株の売買もしているのですが、24年中に上場株式の譲渡について20万円の損失が出てしまいました。株式の譲渡損と配当金との損益通算が可能なようですが、どのように計算されるのでしょうか。配当所得は年間で30万円です。また23年中にも上場株式の譲渡損失が5万円あります。

続きを読む

消費税率引上げに伴う経過措置 5%から8%へ

平成26年4月から社会保障の安定化させる目的から、消費税が5%から8%に上がります。

現行消費税は 国税4%、地方税1%の合計5%。

これが26年4月から国税6.3%、地方税1.7%の合計8%となります。

しかし、円滑に税率を移行させるために経過措置が設けられました。

続きを読む

土地の評価方法その1

相続や贈与などにより取得した土地を評価する方法についてみていきます。

土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。  土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

続きを読む